下田の猫たち

 海辺の猫は、おそらく幸せだ。

 幸せすぎるのも、時と場合かもしれないが。

 海に生きる生き物は幸せだ。

 食べたり、食べられたり。

 海辺の猫は、おそらく喰いぱっぐれなどというものには縁がない。

 海を見て眼を輝かせていたはずだが、哀しいかな、今では何を見るか、覚束なくなってしまった。

 でも海の縁に住むというのは、まぎれもない幸せである。

広告を非表示にする