27回生同窓会8

やばい!

全然更新できてなくてスミマセン

直樹達がロビーで待っていると琴子たちが出てきた。

ママ!

お待たせ。

さりげなく直樹は琴子にKissした。

ママ、パパ、聞きたいことが

直子、なんだ?

俺も

琴樹もか

ママ、また妊娠したの?

え?

本当?兄弟できるの!私妹がいい!

うん!妹、欲しい。

全く、直子と琴樹には敵わないな

だって、ママお腹庇ってたんだもん。

そうそう!

でも、まだ、おばあちゃん達には内緒にしといてくれ。

うん!

みんなで会場に戻るとみんなの視線が痛い。

でも入江家はいつでも注目の的で慣れっこ。

みんなでご飯を食べている。

直樹と琴子が持ってきたご飯を食べている。

大樹、どれ食べる?

パパが持ってるポテト。

はい。

直樹が微笑んで子供にあーんをしている。

(入江があんな顔してあんなことするなんて相原のお陰か?)

みんなが思った。

周りから見れば理想の家庭だった。

みんな行儀よく、大きい子が小さい子の世話を手伝い

琴子、ちょっと来て。

里美、どうしたの?

どうしたの?じゃないでしょ!ビンゴ大会、準備しなきゃ。

お姉ちゃん、ビンゴ大会やるの!?

そ!子供だけね。

やったー!

琴子、行くよ。

うん!勝樹をお願い。

ああ。勝樹おいで。

直樹が抱こうとした時。

ママー!

勝樹は琴子の首に手を回した。

勝樹お願いだから離れて

琴子、勝樹君一緒でもいいよ。小さいから話してることわからないでしょ?

それが入江君の頭脳受け継いで、もうわかるみたいなのよ

え!まぁ、まだちゃんと喋れないんならみんなにバラさないからいいよ。

分かった。勝君、行こっか。

うん!

広告を非表示にする